MENU

家族が快適健康安心して暮らせる家づくり

株式会社トータルホームプラン 代表取締役社長 伊辺秀吉

いっとき断熱・気密を高めると家が腐るとか、そこには住む人の健康を害すと言われ、ほどほどの寒さ熱さを感じる断熱・気密の家の方が、体に良いとされた時代もありました。

しかし実際は「医学的には、室内19℃以下になるような居室では免疫力や自然治癒力が大幅に下がる事が証明」されています。
またそういった断熱・気密の家は高断熱・高気密の家よりも、光熱費が年間で20~30万円多くかかっています。
この事に気づかず光熱費を毎月多く支払い続けているのは、非常にもったいなく残念な事です。毎日、家計のやりくりしている主婦には、ぜひ知って頂きたい事実です。

そしてそのような家にお金をかけて冷房・暖房していては、いつまでたっても快適な家にはなりません。
つまり魔法瓶のような家にすれば、わずかなエネルギーで家を温めたり涼しくしたりできます。
我々が住む地球環境にも、余分な二酸化炭素を排出する事で環境破壊につながっています。
そこで弊社では「断熱・気密をちょっと工夫する事で大幅に光熱費を節約ができて、地球環境にも優しく年中Tシャツと素足で快適に暮らせる家づくり」を始めました。

ぜひ展示場にて「トータルホームプランの家」を体験してください。あなたの人生が変わります。

トータルホームプランが大切にしている5の事

私どもの家づくりのコンセプトは
『健康』+『地球環境』+『省エネ』+『快適』=『幸福』です。
日本の城、寺、神社は1千数百年前から柱と梁を組み合わせた木組みによってつくられ、現在も多くの建物が国宝として現存しております。
私どもはその伝統工法を家づくりに活用し、現代のトップクラスの断熱性と気密性を木組みと調和させる事によって大震災でもひび割れひとつ発生しない、飛びぬけた耐震性能を実現させました。
また、エアコン1台で家全体がまるで床暖が入っているように暖かく『年中Tシャツと素足で快適に暮らせる家造り』を実践しております。

健康(自然と生体エネルギーの活用)人間も動物、植物と同じ自然の一部と考えたとき、家を自然素材でつくったなら、ストレスがなくなり、人間が本来持っている自然治癒力や免疫力が元に戻り、自然に病気が消えていくのではないかと思います。自然素材は調湿性、保湿性に優れ、結露やカビ、ダニの発生を防ぐ事ができるので家の空気環境が改善され、ご家族の健康を増進します。

健康(自然と生体エネルギーの活用)

人間も動物、植物と同じ自然の一部と考えたとき、家を自然素材でつくったなら、ストレスがなくなり、人間が本来持っている自然治癒力や免疫力が元に戻り、自然に病気が消えていくのではないかと思います。
自然素材は調湿性、保湿性に優れ、結露やカビ、ダニの発生を防ぐ事ができるので家の空気環境が改善され、ご家族の健康を増進します。

地球環境私どもの家づくりの材料は運搬や工場製作工程も含め、出来る限り地球環境の負荷を与えないものを良く検討した上で採用しております。すると自然に工業製品よりも自然の恵みである太陽光と、雨水で育った自然素材である無垢の木材・石・土・紙・漆喰・珪藻土等が占めるようになりました。自然素材の木材は成長過程で、二酸化炭素を吸収し酸素を発生する最も地球を元気にする材料の一つと言えます。大量の電気を使い二酸化炭素を放出する鉄骨は使いません。また自然素材は解体後、土の中に埋めたり、焼却してもダイオキシンの発生や土壌、河川の汚染も防ぐ事ができます。

地球環境

私どもの家づくりの材料は運搬や工場製作工程も含め、出来る限り地球環境の負荷を与えないものを良く検討した上で採用しております。すると自然に工業製品よりも自然の恵みである太陽光と、雨水で育った自然素材である無垢の木材・石・土・紙・漆喰・珪藻土等が占めるようになりました。
自然素材の木材は成長過程で、二酸化炭素を吸収し酸素を発生する最も地球を元気にする材料の一つと言えます。
大量の電気を使い二酸化炭素を放出する鉄骨は使いません。また自然素材は解体後、土の中に埋めたり、焼却してもダイオキシンの発生や土壌、河川の汚染も防ぐ事ができます。

省エネ近い将来、化石燃料が枯渇すると言われています。現在、私たちはできる限りエネルギーを使わない家づくりをしなければならないと思います。そこで私たちは最も熱伝導率の小さい断熱材であるFPパネルと、最も断熱性能の高い樹脂サッシを併用しました。さらに、第一種の熱交換システムも採用し一般住宅に比べて光熱費を1/2から1/3に削減する事ができます。暖房・冷房・給湯・照明・クッキングヒーター・洗濯機・掃除など全て含め、月平均1万3千円から1万5千円を可能にしました。(太陽光発電4kwを取り付けた場合、ほぼ0円に近くなります)

省エネ

近い将来、化石燃料が枯渇すると言われています。現在、私たちはできる限りエネルギーを使わない家づくりをしなければならないと思います。
そこで私たちは最も熱伝導率の小さい断熱材であるFPパネルと、最も断熱性能の高い樹脂サッシを併用しました。
さらに、第一種の熱交換システムも採用し一般住宅に比べて光熱費を1/2から1/3に削減する事ができます。
暖房・冷房・給湯・照明・クッキングヒーター・洗濯機・掃除など全て含め、月平均1万3千円から1万5千円を可能にしました。(太陽光発電4kwを取り付けた場合、ほぼ0円に近くなります)

快適※実際にお住まいになっている【お客様の声】です
●東日本大震災を石巻で体験しましたが驚く事に被害は全くありませんでした。(食器は1枚も割れませんでした)
●50坪の家に住み、家族4人で光熱費が1万5千円でした。

快適※実際にお住まいになっている【お客様の声】です

●東日本大震災を石巻で体験しましたが驚く事に被害は全くありませんでした。(食器は1枚も割れませんでした)
●50坪の家に住み、家族4人で光熱費が1万5千円でした。

info2_08_bnr

幸福私どもがOB宅を訪問した際には、いつも最高の笑顔で迎えてくださります。また「予想以上に快適だ」「光熱費は半分になった」などたくさんの感動のお言葉をお聞きするたびに、私どもの家づくりを通してお客様の『幸福』づくりをさせて頂いているのだと実感します。

幸福

私どもがOB宅を訪問した際には、いつも最高の笑顔で迎えてくださります。
また「予想以上に快適だ」「光熱費は半分になった」などたくさんの感動のお言葉をお聞きするたびに、私どもの家づくりを通してお客様の『幸福』づくりをさせて頂いているのだと実感します。

私どもはこれからも『健康』+『地球環境』+『省エネ』+『快適』=『幸福』
コンセプトを掲げて社員一同精進して参ります。
今後もよろしくお願い申し上げます!!

会社概要

会社名株式会社トータルホームプラン
TEL0229-24-3067
FAX0229-24-3632
E-Mailinfo@t-hp.jp
住所〒989-6103 宮城県大崎市古川江合寿町一丁目10-21
商号1一般建築業 宮城県知事許可(般-27)
商号2第16000号 株式会社トータルホームプラン
商号3一級建築士事務所 宮城県知事登録第16310226号
事業概要住宅の設計施工
設立年月平成元年4月
代表者代表取締役 伊辺 秀吉(いべ ひでよし)
資本金1,100万円

地図

 

トータルホームプランのZEH普及目標・実績

28年度29年度30年度31年度32年度
目標15%15%35%35%50%
実績0%
0%
家づくりに関するご相談・お問い合わせ